直 平 略 歴


     
  1943年 朱肉屋の次男として東京杉並に生まれる。
中学1年の時 図工の先生に見せて戴いたたった一枚の剪紙
    (京劇に出てくる髭を蓄えた悪代官のような手のひらサイズの
面を剪ったもの)に強烈な衝撃を受け紙くらいは剪れると
自己流で始める。
1963年 20歳を機に個展開催、以降個展数十回
    日本剪画大賞、特別賞、剪書部門賞、
姫路市市議会議長賞など受賞。
1980年 現日本剪画協会会長の石田良介師と出逢い師事を仰ぐ。
2005年 「直平剪画教室」開講。
「読売日本テレビ文化センター」
「NHK学園オープンスクール」剪画講師歴任。
明治神宮「杜の中の文化祭」剪画指導。
他  吉祥寺アトレでのワークショップをはじめ、
小学校での土曜日学級、学童教室などのワークショップで指導
2010年 吉祥寺アトレ 剪画講師
2011年 雅号を「二代目直平」に改名
第26回国民文化祭 向日市議会議長賞





戻る